会社概要

sarasva Hydrogen Water
社名・商品名の由来
「サラスバ」という名前は、ヒンドゥー教の女神『サラスヴァティー』に由来します。
芸術、学問などの知を司る神として知られ、
日本では七福神のひとり、弁才天(弁財天)として親しまれています。
サラスヴァティーとは、「水(サラス)を持つもの(ヴァティー)」という意味で、
インドの最も古い聖典リグ・ヴェーダにおいては、
初めは聖なる川、 サラスヴァティー川(幻の川)の化身でした。

会社概要

社名 株式会社サラスバ
所在地 〒861-4106 熊本県熊本市南区南高江3-1-41
電話 096-328-1571
FAX 096-328-1592
E-mail info@sarasva.co.jp
設立年月日 平成19年3月22日
資本金 1,000万円
代表者 渡辺佐知夫
社員数 7名
主たる業務 水素水の製造、販売
加盟団体 公益社団法人 日本通信販売協会 正会員
公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパン 法人賛助会員
分子状水素医学シンポジウム 賛助会員
店舗運営責任者 坂本慎一
店舗セキュリティ責任者 坂本慎一
経営理念 創業の精神に基づき、水素水サラスバを多くの方々に提供することで、
皆様の健康に寄与し、社会に貢献できる企業を目指します。

株式会社サラスバは、
公益財団法人ケア・インターナショナル ジャパンを支援しています。

care

CAREは、60年以上の経験と実績をもち、貧困や社会的不公正と闘う世界有数の国際協力NGOです。
1945年にアメリカで始まったCAREの支援は日本にも届き、戦後8年間で1,000万人以上の日本人が食糧や生活必需品の詰められたCAREパッケージを受け取りました。

現在、CAREは、世界70カ国以上の途上国や紛争地域において、約8,300万人に対する支援を実施、
その活動は世界33万人の人々に支えられています。

ケア・インターナショナルジャパンのHPはこちら

  • All Photos ⒞ CARE

株式会社サラスバは、公益社団法人日本通信販売協会の正会員です。

特定商取引法の第30条に位置づけられた通信販売業界を代表する公益法人です(1983年設立)。
アフターケアの徹底、広告表現の適正化、通販110番での相談などを、
消費者団体や、官公庁の消費者窓口などと協力して進めています。

株式会社サラスバは、分子状水素医学シンポジウムの賛助会員です。

分子状水素医学シンポジウムは、生体における分子状水素の作用に関連する研究の学術発展を図ることを目的とした研究会です。
弊社は水素水の製造会社といたしまして、水素医学の発展に少しでも貢献できる様、賛助会員として参加しております。

分子状水素医学シンポジウムホームページはこちら

※リンク先ウェブサイトのご利用に関する注意事項 弊社からリンクされている上記サイトについて、その掲載情報の正確性などを保証するものではありません。
万一、リンク先サイトの利用につき問題が生じた場合、その責任はリンク先サイトが負っていますので、
利用者様ご自身の責任で対処してくださるようお願いいたします。

top