sarasva Good how to drink 水素水サラスバの上手な飲み方

水素は非常に小さく、空気中に逃げやすい物質です。
上手に飲んで、水素生活をライフスタイルに取り入れてください。

水素水サラスバの効果的な飲み方はありますか?

朝 起床時の目覚めに。 昼 スポーツの後やお食事の時に。 晩 お風呂上りや就寝前に。

「水素水サラスバ」は飲料水としてお飲みください。
飲み方の目安は、いつ飲んでいただいても構いませんが
たっぷり500ml入りと量が多いことと
水素分子は一定時間以上体内に蓄積する事が出来ないことから、
一度に全部飲まれるよりも、1日1本を朝昼晩、
3回程度に分けての飲用をおすすめしています。

また、悪玉活性酸素は激しい運動や、喫煙、飲酒、
紫外線、ストレス等で発生しますので、
疲れを感じた時にお飲み頂くのもおすすめです。
もちろん目安である1日1本以上飲まれても問題ありません。
余分となった水素分子が体内に蓄積したり、
副作用を起こすことはございません。

※ご病気などで、お水そのものの飲用を制限されている方は
お医者様の指示に従ってください。

水素水サラスバの水素はどれくらいもつのですか?

内容量 500ml
賞味期限 製造日より4ヶ月
原材料 水・水素
酸化還元電位 -400mV ~-600mV
お召し上がり方 開封後1日以内にお飲みください。
PH値 約7.5
溶存水素量 約0.8~1.2ppm(製造日より4ヶ月)
※飽和量1.60ppm(水温20℃の場合)

未開封の状態で賞味期限は製造年月日より4ヶ月です。
この期間は酸化還元電位-400mV~-600mVを
維持しています。
また、開封後は2~3日程で水素は抜けてしまいます。
慌ててお飲みになる必要はございませんが、
飲料水ですので衛生上、開封後1日以内に
お飲みになることをおすすめします。
お飲みになる際にキャップをきちんと閉めることで、
開封後、1日以内であれば
水素量の減少を小さくすることが可能です。

また、「水素水サラスバ」の溶存水素量は、
飽和量1.60ppmに対し、
製造直後から賞味期限内(製造日より4ヶ月)は
約1.2ppm~0.8ppmの数値です。

水素を逃さないキャップの閉め方ってどうするの?

水素水サラスバを飲み残す場合、空気に水素が抜けてしまうため、容器の中の空気を抜いて保存してください。
普通に栓をしただけでは容器の中に空気が入ってしまい、その空気に水素が抜けてしまうため
以下のような方法をおすすめしています。
下記の注意事項をお読みいただきまして上手にお飲みください。

  • パウチ容器の本体上部を押して、中に入った空気を押し出します。

  • 水素水が飲み口からあふれる寸前まで押し出し、素早くキャップを閉めてください。

  • 容器を軽く振ってみて、中からチャポチャポと音がしなければ、空気が抜けています。

飲むときに気をつけることはありますか?

水素は非常に小さく、空気中に逃げやすい物質です。
水素を逃がさないために、以下のことにお気をつけください。

  • 沸騰させたり、高温になると水素が逃げてしまいますので、お茶やお料理には向いておりません。温める場合は、未開封のまま湯煎で温めてください。

  • パウチ容器を未開封の状態で凍らせた場合、解凍後も水素は逃げません。凍らせた状態のパウチ容器は通常より固くなっていますので、取り扱いにご注意ください。

  • グラス、コップ等に注いで飲まれても大丈夫です。

    ただし、長時間の放置はせず、お早めにお飲みください。

  • キャップを開けたまま放置したり、他の容器に移して保存しないでください。

    また、強く振ると水素が抜けやすくなります。

ご注文は 0120-39-1592[24時間受付]
top